ぽんこつ親子のサイドカー日記

親子でサイドカーでのツーリングおよびメンテナンスの日記です※プライバシー保護のため画像を一部加工しています。


バイクツーリング日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バイクツーリング日記 ブログランキングへ

2018年4月22日 恵那市岩村ツーリング+(おまけ:消防博物館,カメラ博物館)

2018年4月22日 恵那市岩村ツーリング+(おまけ:消防博物館,カメラ博物館)

No00_阿木川湖_20180422


なにかと私ごとで忙しくてツーリングへ行くことが出来ませんでしたが、プチ・ツーリングへ行ってきました。
ルートいつもの走りなれた稲武から岩村へ抜けるコースです。久々に岩村で日本酒を買ってくるかと考えていたのですが・・・


00_地図_20180422
          ルートマップ


No01_県道39号_足助街道_20180422
          県道39号 足助街道


サイドカーが浮かないように体重移動して左コーナーをクリアしていくのは気持ちいいね~ 


No02_国道153号_伊勢神トンネル手前_20180422
          国道153号 伊勢神トンネル手前


オンボードカメラのバッテリー交換のため路肩に停車。


No03_国道153号_稲武_20180422
          国道153号 稲武


No04_国道257号_20180422
          国道257号


山は新緑のシーズンです。何だかしりませんが、花も咲いています。


No05_国道257号_岩村手前_20180422
          国道257号 岩村手前


だんだん日陰が恋しくなる季節になってきました。


No06_国道257号_ラ・フォーレ福寿の里手前_20180422
          国道257号_ラ・フォーレ福寿の里手前


No07_国道257号_ラ・フォーレ福寿の里手前_20180422
          国道257号 ラ・フォーレ福寿の里手前


No08_国道257号_20180422
          国道257号


No09_国道257号_20180422
          国道257号


岩村についたら、なにやら催し物をやっているようで、駐車場が満車でした。あきらめて小原村を抜けて帰ることにしました。
まっ。サイドカーに乗れればそれだけで満足です。


No10_国道257号_岩村手前_20180422
           国道257号 岩村町手前


そういえば、このシーズンは芝桜が咲くころで、以前小原村の手前にある芝桜群生地で渋滞に遭遇したことがありました。
そこで、中央道の恵那ICから高速に乗って帰ることにしました。中央道→東海環状自動車道→伊勢湾岸道に乗り継ぎ豊田東ICで帰ることにしました。




No11_国道257号_阿木川ダム_20180422
           国道257号 阿木川ダム


阿木川ダムで一休み。


No12_阿木川ダム湖_20180422
           阿木川ダム湖


No13_阿木川ダム湖_20180422
            阿木川ダム湖


国道257号で恵那市の国道19号に向かいます。


No14_国道257号_20180422
            国道257号


国道19号をちょっとだけ走ります。


No15_国道19号_恵那_20180422
            国道19号 恵那市


恵那ICから中央道に乗ります。




No16_中央道_恵那IC_20180422
            中央道 恵那IC入口


高速道路は楽しくないです。


No17_中央道_20180422
           中央道


帰ってきました。




No18_伊勢湾岸_豊田東IC_20180422
           伊勢湾岸 豊田東IC


13時に帰ってきました。本日の走行距離65kmでした。


次はおまけです。
3月に東京へ行ったときに見学した「消防博物館」と「日本カメラ博物館」を紹介します。

消防博物館
住所:東京都新宿区四谷3丁目10番


No20_消防博物館_20180422
           消防博物館


消防バイク。 後ろに消火器2本を積載していました。火事場に渋滞をすり抜けて走ったのではないでしょうか。 ベース車はCB350(350cc)なのかな?


No21_赤バイ_20180422
           消防バイク(赤バイ)


明治初期のころの蒸気ポンプです。馬で引いて火事場まで移動したそうです。
蒸気が出ないとポンプが稼働できないので、どうしたのでしょう?
水を沸騰させながら火事場まで出動したのかな?


No22_蒸気ポンプ
          _蒸気ポンプ


明治35年ごろまで使用していた木製のはしご車。人力ではしごを伸ばしていたそうです。


No23_馬牽き_20180422
           馬牽き梯子(はしご車)

馬牽き梯子の使用方法をジオラマで示しています。


No24_馬牽き梯子の使用方法
         馬牽き梯子の使用方法


初代「ちどり」 JA9020
シュドアビエーション社製(仏) SE3160(アルウェットⅢ) ヘリコプター


No25_防災ヘリ_20180422
          消防防災ヘリコプター


日本カメラ博物館
住所:東京都千代田区一番町25番地 JCII 一番町ビル(地下1階)


No30_カメラ博物館_20180422
           カメラ博物館


No31_カメラ博物館_20180422
            カメラ博物館


催し物「世界を制した日本のカメラ」


No32_カメラ博物館_20180422
           カメラ博物館(催し物)


1936年 キャノンの市販1号機(35mm)。ニコンの協力を得て完成したモデルです。


No33_ハンザキャノン_20180422
           ハンザキャノン


1971年 キャノンのプロ用35mm一眼レフカメラです。私も使っていました。今は露出計が壊れてしまっていますが、まだ持っています。


No34_中央_キャノンF-1_20180422
           キャノンF-1(中央)

1978年 電子制御カメラの登場です。右側のAE-1は持っていました。


No35_キャノン A-1 AE-1_20180422
          キャノン A-1 , AE-1


2000年 EOS D30デジタル一眼レフカメラ登場。325万画素の大型CMOSセンサーを搭載していました。私はこのカメラが欲しくてお金を貯めましたが、
購入できたのは2002年発売のEOS D60 625万画素(本体のみ33万円)でした。結果的にこちらの方が良かったです。今でも現役で使用しています。


No36_キャンオン_D30_20180422
           キャノン D30


これ叔父からもらいました。 今も箱付きで持っています。 フィルム装填は、暗室がないので、押し入れでやりました。


No37_スタート35_20180422
           スタート35


キャノンばかりで申し訳ありませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2018/05/20(日) 20:00:37|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バイクツーリング日記 ブログランキングへ

2017年12月10日 鉄道でドライブインダルマ

00 オープニング_171210

2014年3月30日以来3年ぶりにドライブインダルマへ息子の要望で行ってきました。
車で行こうと考えていたのですが、舞鶴自動車道が工事で通行止めであることと、雪の心配があったので鉄道
で行ってきました。ルートマップ参照です。
大府駅(東海道本線)区間快速06:42 → 米原(琵琶湖線)新快速08:18 → 京都(山陰本線)特急はしだて1号
09:25 → 綾部(見舞鶴線)リレー号10:33 → 西舞鶴(京都丹後鉄道 宮舞線)11:37 → 東雲(京都丹後鉄道
宮舞線)11:48 → 徒歩30分
遠いな~


01 ルートマップ_171210
                                 ルートマップ


綾部(見舞鶴線)から乗ったリレー号です。ワンマンカーです。


02 JR京都丹後鉄道宮福線
                                JR舞鶴線


京都丹後鉄道宮舞線 西舞鶴駅です。


03 西舞鶴_171210
                                 京都丹後鉄道宮舞線 西舞鶴駅


都丹後鉄道宮舞線レールバスです。トイレ付の車両もあります。


04 丹後鉄道_171210
                                京都丹後鉄道宮舞線レールバス


線路の周りは自然がたっぷり。


05 丹後鉄道_171210
                                京都丹後鉄道宮舞線レールバス


やっと京都丹後鉄道宮舞線 東雲駅に到着。ここからは徒歩です。


06 東雲駅_171210
                                京都丹後鉄道宮舞線 東雲駅


京都丹後鉄道宮舞線 東雲駅 駅舎です。無人駅です。


07 東雲駅_171210
                               京都丹後鉄道宮舞線 東雲駅 駅舎


景色の良い由良川の堤防を歩きました。前方の橋を渡ります。


08 由良川堤防_171210
                                由良川堤防


国道178号沿いにあるドライブインダルマが見えてきました。


09 ドライブインダルマ_171210
                               ドライブインダルマ


久しぶりです。変わりないかな? あっ!ハンバーガーの自販機が変わっているのと、ビン入りコカコーラの
自販機が新しく入っていました。
川鉄計量器製のめん類自販機も健在です。奥から、ラーメン、きつねうどん、天ぷらうどんです。
写真には写っていませんが、結構お客さんが来ています。


10 昭和の自販機_171210
                                昭和の自動販売機


一杯250円です。


11 昭和の自販機_171210
                                 昭和の自動販売機


星崎電機製のハンバーガー自販機


12 昭和の自販機_171210
                                 昭和の自動販売機


ビン入りコカコーラの自販機


13 昭和の自販機_171210
                                昭和の自動販売機


ラーメン。結構おいしいですよ。


14 ラーメン_171210
                                 ラーメン


息子はラーメン、きつねうどん、天ぷらうどん(写真撮り忘れました)、ハンバーガーを食べていました。
ボリュウムは少なめなので、結構食べられます。
食の細い私はラーメンとハンバーガーを食べました。


15 きつねうどん_171210
                                きつねうどん


レタス・ハンバーガー。ちょっと湿っぽいですが、味は意外に美味しいです。


16 ハンバーガー_171210
                                 ハンバーガー


ゲームも昭和です。


17 ゲームコーナー_171210
                               ゲームコーナー


2回100円です。


18 ゲームコーナー_171210
                                ゲームコーナー


そろそろ帰ります。滞在時間は約1時間でした。


19 ドライブイン_171210
                                ドライブインダルマ


また30分の歩きです。


20 由良川堤防_171210
                                 由良川堤防


東雲駅。反対側のホームに渡ります。


21 丹後鉄道_171210
                                 京都丹後鉄道宮舞線 東雲駅


京都丹後鉄道宮舞線レールバス。単線なので東雲駅で入れ替わり。


22 丹後鉄道_171210
                                京都丹後鉄道宮舞線 東雲駅


東雲(京都丹後鉄道 宮舞線)13:48 → 西舞鶴(舞鶴線)特急まいづる10号14:35 → 京都(琵琶湖線)
16:31 →米原東海 道本線)新快速 17:39 → 大府駅(東海道本線)18:59 到着

お金はかかりましたが、電車の旅行も楽しかったです。
昭和の自販機に興味がある方は、ネット検索してください。→「懐かし自販機~味わいの昭和レトロ
自販機コーナー」
  1. 2017/12/29(金) 19:54:24|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクツーリング日記 ブログランキングへ

2017年11月24日 鞍ヶ池公園&城山公園ツーリング

01 スカイワードあさひ_171124

従兄のSさんと奥さまのTさんとのツーリング。
3人で行ったわけではありません。ちょっとだけサイドカーに乗りたい奥さまと近くの鞍ヶ池公園までドライブしてから、
Sさんと尾張旭市の城山公園までツーリングに行ってきました。
ルートはルートマップの通りです。


02 地図_171124
ルートマップ


まずは奥様と一走り。
寒い。 日陰はとっても寒い。 ライディング・ウエアーのチョイスを失敗しました。


03 鞍ヶ池公園171124
鞍ヶ池


空の雲もなんだか寒そう。


04 鞍ヶ池公園171124
鞍ヶ池


次はSさんとツーリング。名古屋市内も寒い。
寒さのせいかハンディー・ナビゲーションのガーミンがリルート中フリーズしてしまいました。
あちゃ~ 尾張旭市はどっち?


05 名古屋市内_171124
名古屋市内 東山公園の南


ガーミンの調子もなんとか回復し、尾張旭に到着。気付いたら幼稚園~中学まで住んでいた所に来ていました。
まったく面影がないので、気が付きませんでした。


06 尾張旭県営住宅
尾張旭市平子


スカイワード旭に到着。


07 スカイワードあさひ_171124
スカイワード旭


スカイワード旭の9階が360度の展望ルームです。無料ですよ。


08 スカイワードあさひ_171124
スカイワード旭 9階


スカイワード旭 9階からの眺めです。
写真左上の池が大森池。生活排水が流れ込んでいて大変汚れた池でしたが、大きな鯉、鮒がいてよく釣りに行ったものです。
写真下の池が長池で、当時生活排水が流れ込んでいなかったせいなのか大森池にはいなかったハヤが生息していました。水も綺麗でした。
今はその当時に比べ汚れています。この長池の北に(城山小学校の位置)もう一つ池がありましたが今は埋め立てられて面影もありません。


09 大森池_永池_171124
大森池と長池(西)


西を見ると名古屋市内が望めます。


10 名古屋方面_171124
名古屋市方面(西)


北は春日井市が望めます。


11 春日井方面_171124
春日井市方面(北)


東は瀬戸市が望め、奥に猿投山(さなげやま)が見えます。


12 瀬戸方面_171124
瀬戸市方面(東)


デジタル・テレビ放送の電波塔です。


13 デジタル電波塔_171124
デジタル放送電波塔(東南)


写真の白い横に長い建物の奥にある建物(その奥にグランドがある)。ここが母校の尾張旭市立旭中学校です。
当時の面影が残っているのは、ここだけです。


14 旭中学_171124
尾張旭市立旭中学校(南)


スカイワード旭 3階の歴史民俗資料館です。


15 郷土資料館171124
スカイワード旭 3階 歴史民俗資料展示


16 郷土資料館171124
スカイワード旭 3階 歴史民俗資料展示


17 郷土資料館171124
スカイワード旭 3階 歴史民俗資料展示


この弘法大師のお寺は、小学生のころ写生に行ったような記憶があります。


18 郷土資料館171124
スカイワード旭 3階 歴史民俗資料展示


19 城山公園_171124
城山公園


城山公園内には、沢山のオブジェがあります。


20 城山公園_171124
城山公園


かわいいですね~


21 城山公園_171124
城山公園


城山公園の南端にある旭城です。
1361年水野又太郎良春が築いた城の模擬城です。当時の名称は新居城でした。
当時はもっと北の高い位置にあったようです。


22 旭城_171124
城山公園 旭城


23 旭城_171124
城山公園 旭城


旭城は、普段2階以上は鍵がかかっていて上がれないようですが、たまたま係りの人がいて鍵を開けていただき、見ることができました。


24 旭城_171124
城山公園 旭城 天守閣


城山公園の散策路です。


25 城山公園_171124
城山公園 旭城 天守閣


城山公園の駐車場で、サイドカーをバックにSさんをパチリ。


26 城山公園_171124
城山公園 駐車場にて


帰ります。
写真左上にスカイワード旭が写っています。


27 城山公園前の道_171124
城山公園 前の道

午後3:30Sさんを送り届け、無事帰宅。 本日の走行距離125.5km。平均燃費13.0km/Lでした。
  1. 2017/12/02(土) 21:54:13|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクツーリング日記 ブログランキングへ

2017年10月1日 矢作ダム(第二)ツーリング

01 第二矢作ダム_171001

今回はプチ・ツーリングで、矢作ダムへ行ってきました。実は、矢作ダム(第一)と思って行ったのですが、矢作第二ダムでした。とほほ
またの機会に矢作ダム(第一)へ行ってきます。
午前7時45分に出発。ルートは次の通り。


02 地図_2017_10_0
                   


県道39号 足助街道を快走


03 県道_171001
                    


今朝は結構肌寒いです。服装は、革パンと革ジャンです。
朝は良かったけど、日中は熱い。


04 県道_171001
                   


05 県道_171001
                   


ルート確認で停車。ルートは問題なしでした。


06 県道_171001
                    


矢作ダム(第二)上流の橋を渡ります。


07 県道_171001
                   


08 矢作川_171001
                     


橋の上から川を見ると、水は結構綺麗です。


09 矢作川_171001
                     


10 矢作川_171001
                    


ダムの周遊道路。ほとんど車が通らないです。


11 矢作川_171001
                      


12 矢作川_171001
                      


撮影のため停車。昔しレストランだったような建物の横。


13 矢作川_171001
                      


貯水量が増してダムらしくなってきましたぞ~


14 矢作川_171001
                     


矢作ダムです(実は第二)。


15 矢作川_171001
                     


おや。ダム・カードがない。
おかしいな~


16 矢作川_171001
                      


サイドカーをダムサイドに止めて遠方からの撮影。


17 矢作川_171001
                     


ここで、矢作ダム(第一)ではないと気が付く。
人(オレ)は他の人よりちょっと多めに失敗があるものです。
ドンマイ、ドンマイ(普通、自分が言いません)


18 矢作川_171001
                     


行先案内板多いですね。


19 矢作川_171001
                      


くしはらガイドマップです。なるほど。来てみたら遊び所が結構ありますね。


20 くしはら_171001
                     


県道11号で帰路につきます。


21 矢作川_171001
                     


午前11:00無事帰宅。 本日の走行距離103.3km。平均燃費16.6km/Lでした。

11月12日に車検が切れるのと、11月3日に会社の仲間(新メンバー)でツーリングへ行く予定があるため、10月中に車検に出さなければなりません。
最近天気があまり芳しくないので、心配です。
  1. 2017/10/18(水) 21:04:46|
  2. ツーリング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バイクツーリング日記 ブログランキングへ

2017年8月10日~12日 東京博物館めぐり

01 博物館パンフレット_20170810

前回のツーリングと話しが前後しまってすみません。 お盆休みに家族で東京へ行ったときのお話です。
移動には、時間はかかるが交通費が安い車を使いました。
家族で東京へ行くものの東京では一人ひとり行動はバラバラです。
私は博物館めぐりです。家内と息子は、秘密です。

(1) 国立博物館(上野)
7つの建屋があり、それぞれでテーマが異なります。
私が見学したのは、「本館」、「東洋館」、「法隆寺宝物館」の3です。残りは、「平成館」(特別展示)、「表慶館」(休館中)、
「黒田記念館」、「資料館」」です。


02 国立博物館(地図)_20170810
国立博物館


① 本館
展示物の撮影が許可されたものと、ダメなものがありますので注意が必要


03 国立博物館 本館_20170810
国立博物館 本館(日本ギャラリー)


本館の展示内容(日本のギャラリー)
1F 
・彫刻      ・漆工      ・金工        ・刀剣
・陶磁      ・特集      ・歴史の記録     ・アイヌと琉球
・保存と修理   ・近代の美術   ・みどりのライオン  ・体験コーナー

2F 日本の美術の流れ
・日本美術のあけぼの-縄文・弥生・古墳.   ・仏教の興降―飛鳥・奈良      ・国宝室
・仏教の技術―平安~室町          ・宮廷の美術―平安~室町 ・禅と水墨画―鎌倉~室町
・茶の美術 ・武士の装い―平安~江戸 ・屏風と襖絵―安土桃山・江戸
・暮らしの調度―安土桃山・江戸 ・書画の展開―安土桃山・江戸 ・能と歌舞伎
          
・浮世絵と衣装―江戸
② 東洋館(アジアギャラリー)


03 国立博物館 本館_20170810
国立博物館 本館(アジアギャラリー)


本館の展示内容(アジアギャラリー)
B1F ・クメール彫刻      ・東南アジア      ・インドの細密画、アジアの染織
1F  ・中国の仏像
2F  ・オアシス―旅の案内書  ・インド・ガンダーラ・西城、エジプト・西アジア
3F  ・中国文明のはじまり   ・中国工芸 ・オアシス―アジアの占い
4F  ・中国の石刻画芸術    ・中国の絵画・書跡
5F  ・中国工芸        ・朝鮮半島


③ 法隆寺宝物館(法隆寺献納宝物)


05 国立博物館 法隆寺_20170810
国立博物館 法隆寺宝物館(法隆寺献納宝物)


1F  ・藿頂幡    ・金銅仏、光背、押出仏     ・伎楽面
2F  ・木・漆工   ・金工             ・絵画・書跡・染織


④ 表慶館
休館中


06 国立博物館 資料館_20170810
表慶館


残りの展示館は次回としましょう。


(2) 国立科学博物館
① 日本館
 日本列島の自然と生い立ち、そこに暮らす生き物たちの進化、日本人の形成過程、
 そして私たちと自然のかかわりの歴史を展示しています。(パンフレットより)


07 国立科学博物館_日本館_20170810
国立科学博物館(日本館)


② 地球館
・地球の多様な生き物がお互いに深くかかわりあって生きている姿、地球環境の変動の中で生命が誕生と絶滅を
 繰り返しながら進化してきた道のり、そして、人類の知恵の歴史を展示しています。(パンフレットより)


08 国立科学博物館_地球館_20170810
国立科学博物館(地球館)


③ 特別展示
深海についての特別展示をやっていました。入館するのに1時間近く並びました。中も沢山の人で、展示物があまり見られませんでした。


09 特別展示_深海_20170810
国立科学博物館(特別展のチケット)


しんかい6500の模型です。 乗員3名で水深6500mまで潜ることができます。
観測窓は、前と左右の3か所にあり、厚さ7cmの樹脂を2枚張り合わせてあります。


10 深海6500の模型_20170810
深海6500の模型です。


深海調査船の耐圧殻内部のセットです。


11 深海潜水艇室内_20170810
深海調査船の耐圧殻内部。


「ちきゅう」の模型です。
「ちきゅう」は、マントルや巨大地震発生域への大深度掘削をおこなう世界初のライザー式科学掘削船です。


12 地球_20170810
ちきゅう


楽しかったです。
色々展示物がありました。次回はできる限り写真を撮影してきます。
ブログに載せることを考えていたらもっと頑張って撮影していたでしょう。


13 クジラ_20170810
国立科学博物館のクジラのオブジェ


(3) 貨幣博物館(日本橋)
貨幣博物館は全て撮影禁止でした。
古代から現在までのお金の歴史がわかります。
その当時のお金の価値(物価)も分かります。


14 貨幣博物館_表_20170810
貨幣博物館のパンフレット(表)


15 貨幣博物館_裏_20170810
貨幣博物館のパンフレット(裏)


(4) ポリスミュージアム(中央区京橋)
テレビドラマ「いきものがかり」で登場していたポリスミュージアムです。
テレビで見たポリスミュージアムはもっと大きかったのですが。


16 ポリスミュウジアム_20170810
ポリスミュージアム


大正6年、交通取り締まり用に採用された「赤バイ」。アメリカのインディアン1000cc


17 ポリスミュウジアム_サイドカー_20170810
赤バイ


この赤バイの隣には実物のヘリコプターが展示されていました。
写真撮影はOKでしたが、写真はこれだけです。
詳しくはホームページをご覧ください。


(5) 深川江戸資料館(深川)
入口を入ると屋根の上の猫が鳴きます。どこかにセンサーがあるようです。


18 江戸資料館_20170810
深川江戸資料館


普通は展示物に手を触れないでくださいと言われますが、ここは、自由に上がってタンスの引き出しも開けていいですよって係りの人に言われました。
いいね~


19 江戸資料館_20170810
深川江戸資料館


船着き場もあります。


20 江戸資料館_20170810
深川江戸資料館


江戸時代の蕎麦屋の屋台です。


21 江戸資料館_20170810
深川江戸資料館


路地裏も再現。


22 江戸資料館_20170810
深川江戸資料館


これは何?


23 江戸資料館_20170810
深川江戸資料館


以上、東京博物館めぐりでした。
東京は沢山の博物館があるので、また次回レポートします。その時は写真をできる限り撮ってきます。
  1. 2017/09/25(月) 21:48:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイクツーリング日記 ブログランキングへ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。